Feature

VOL 2

FIRE

特集 火が生み出す熱と光と影、そして熱中する時間

 

特集テーマは「FIRE/火」です。「日(光)」でもあります。火があればそこには熱があり、日があればそこには影もできます。最も原初的で人工的な明かりであり、暖房である火。人間が人間的である大事な要素としての料理を導いたのも火です。火は熱い思いや熱中のメタファーでありながら、火/日はその明るさによって影も生み出します。つまり表を照らすことで、そこに裏の世界も作り出しているということです。子どもにとっての「火遊び」は危ないいたずらですが、大人にとっての「火遊び」は無分別で不埒な行為という意味にもなります。暖かさと安らぎを与えてくれる、危険もあるけど魅力的。火の持つ様々な顔を探してみましょう。