2020 Spring - Summer Journal #04 2020 Spring - Summer Journal #04

Lighthouse Gin – Craft Gin Lighthouse Gin - Craft Gin

En

Ja

Lighthouse Ginの蒸留製造リーダーを務めるレイチェル・ホール。ジンづくりの現場へ手を振りながらあたたかく迎え入れてくれた。ジン蒸留に関することであれば文字通り「なんでも全て」こなす彼女。原材料を混合し、瓶詰め、ラベル貼りまで丁寧に本ずつ手がける。

ニュージーランドはどこに行っても自然が身近な存在であり、林へ向かうことも多くの人にとって日常の一部だ。蒸留製造所から少し車を走らせた場所にはレイチェルが植物原料を摘むお気に入りの場所がある。あたりを軽く散歩しながら、彼女は野生のフェンネル、マヌカやカワカワを摘みバスケットに入れていく。

Head distiller at Lighthouse Gin, Rachel Hall waves our way and welcomes us into the distillery where all the gin magic happens. Rachel does everything (really, everything) by herself inside the distillery, handling everything from mixture making to bottling gin and carefully applying labels to each and every bottle.

As nature is close no matter where you are in New Zealand, going out and foresting is for many people a part of their everyday lives. Just a short drive from the distillery lies Rachel’s favorite spot for picking botanicals. As we go for a small walk around the area, Rachel picks some wild fennel, manuka, and kawakawa and puts them in her basket.



・・・

Interview “Finding perfection in simplicity”

「ようこそ、中へ入って!」。突風が吹くなか、レイチェルは微笑みながら少し離れたところから手を振る。ウェリントンにはよくある天気だ。白い藤の木が太陽を照り返して輝く。

Lighthouse Ginがあるマーティンボローからそう遠くないグレイタウンに生まれたレイチェルとのちのジン蒸留所との出会いは、彼女が十代だった頃地元のリンゴ農園でアルバイトをしていた時のことだった。オーストラリアで数年働いた後、地元に帰省した際に現在の夫と出会い、二人の子供に恵まれた彼女はかつて働いていたリンゴ農園を再び訪ねることになる。

「次男のジョセフが学校に行き始めたタイミングで、自分のために何かしたいと思うようになったんです」
りんごジュース工場で就ける役職を求めていたところ、気がつけば農園の窓口係として営業のアルバイトをしていた。当時は農園の空きスペースで、のちにLighthouse Ginの初代蒸留製造者となる同僚のニール・キャセラルが趣味でジンを作り始めていた。

「私たちの農園の裏にある建物で、ニールがひっそり一人でジンを作っていたんです」と彼女はにっこり笑う。ニールの手伝いをしていくうちに、彼女の興味は次第にジンに向かっていった。結果的に彼女は営業職を離れ、一人でジン製造の仕事に参入していくことになる。そのうち定年退職するだろうとわかっていたニールは、レイチェルにジン蒸留のユニークなものづくりの世界を教えることになる。

2014年にオーナーはFoley Wineryに蒸留所を売却。ニールはレイチェルに新しい蒸留製造のリーダーになってもらうことを願い、新しいオーナーたちも合意。熱心な訓練と数々のブラインドテイスティングののち、レイチェルは自分が作るジンがどのような味であるべきかを確信し、蒸留から瓶詰めまで全て一人で行うことができるようになった。

レイチェルは現在の蒸留所の周りを案内してくれた。赤い木造納屋の中に入るとそこにはセメントの床、高い天井、几帳面に整備された空間が広がっていた。背の高いシルバーのタンクが空間を占め、片隅に瓶詰め機とラベル貼り機が置かれている。レイチェルが蒸留されたてのジンをボトルに注ぐ所作を見ていると、ここにいるべくしている人であることが感じて取れる。魚が海を泳ぐように、レイチェルがジン蒸留に関わることは自然な運命だったのだ。暑い夏も寒い冬も、レイチェルは母であり妻でありながら、これらの工程を全て一人でこなす。並大抵のことではない。

「ジンのレシピが固まるまで5年かかりました。適切な水と使用する植物の割合を定めること。製造過程がシンプルでも、全て正しく行われている必要があるし、細かく味見をしながらベストな品質を追求しています。近道はありません」

Interview “Finding perfection in simplicity”

Rachel waves at us from afar, smiling.
“Welcome, come along inside!” she shouts over the wind. Although the sun is out, the wind is gusting, as one would expect of Wellington weather. The white wisteria in front of the house swoons and glistens as streams of sun-shine shine through.

Born in Greytown, just a short drive from Martinborough where Lighthouse Gin is located today, Rachel’s connection with the gin distillery was made a long time ago, when she was a teenager working part-time at the driver’s range of a local apple orchard. After working some time in Australia, she met her husband when visiting home, and had two lovely kids.

“When my youngest son Josef started going to school, I felt that I wanted to do something for myself,” she says. She asked Andrew, the owner of the apple orchard, if they had any available jobs at the apple juice factory and before she knew it, she was working as a receptionist and doing sales for them. Back then they hadn’t started making gin officially yet.

“It was just Neil, the original distiller, in the back shed making some gin,” she says with a smile. As she started working more with Neil, gin started to pique her interest. Eventually, she left work in sales and went over to work solely on the gin. Knowing that someday he would want to retire completely, Neil took Rachel under his wing and started teaching her the unique craft of distilling gin.

In 2014, the owners sold the distillery to Foley Winery. Neil wanted Rachel to become the next head distiller and the new owners agreed. After strenuous training and numerous blind tastings, Rachel knew exactly what the gin should taste like and could manage everything from distilling to labeling by herself.

Rachel shows us around the distillery. Inside, the red wooden barn reveals a meticulously clean and bright space with high ceilings and cement flooring. Large, tall silver tanks occupy most of the space, leaving some room for the gin bottling dispenser as well as the manual labeler. As Rachel bottles some freshly distilled gin there is an air of belonging around her. Like fish to the sea, or jam to toast, Rachel was destined to be a gin distiller. Through warm summers and cold winters, Rachel does everything all on her own, while also being a mother and a wife. Quite an extraordinary feat.

“It took five years to develop the recipe for the gin. Getting the right water, the perfect ratio of botanicals down. Even though the process is quite simple, it must be done correctly, tasting along the way to ensure the best quality. There are no shortcuts.”



・・・

2014年 にマーティンボローにあるLighthouse Ginでニュージーランド初の女性ジン蒸留製造者となる。無香料アルコール、地元の高品質な湧水を使用しジュニパーベリー、ニュージーランド産コリアンダーシード、シナモン、アーモンド、ケイヒ、ニオイイリスの茎、イェンベンレモンやオレンジなど厳選した植物性素材を用い、国産の中でもトップレベルの商品ラインナップを誇る。
lighthousegin.co.nz

Rachel Hall became New Zealand’s first female head gin distiller when she took over Lighthouse Gin in Martinborough, Wellington in 2014. Using neutral spirits, local high-quality spring water in combination with carefully selected botanicals such as punchy juniper berries, local New Zealand coriander seeds, cinnamon, almonds, cassia bark, orris root, and the zest of local Yen Ben lemons and oranges, Lighthouse Gin makes one of the best gins in the country.
lighthousegin.co.nz

2020年3月4日(水) Mar 4, 2020


LATEST ARTICLES

最新記事

En

Ja